鳥羽温泉郷 HOMEアクセスお問合せ



トバちゃんからのお知らせ
2021.12.02
海女の愛ちゃんが湯く!鳥羽の黒ノリで恵方巻(相差:龍宮料理の宿 伝洋)
 「海女の愛ちゃんが湯く!」、今回のリポートは、相差町にある開業30周年を迎えた「龍宮料理の宿 伝洋」さんです(「海女の愛ちゃんが湯く!」のリポートは下記リンク先からご覧ください)。

 親子3代の漁師と海女ならではの目利きとこだわりで「うまいもの」に情熱を注いでこられたとのことで、家族全員でおもてなしがモットーのお宿です。

 今回紹介されている海藻料理はアラメを使った「アラメ煮」です。アラメは如月の巻でも紹介されていますが、健康食品として人気が高まっているこの地域の特産品です。
 もう二品は伊勢エビと答志島産の黒ノリを使った「伊勢エビ恵方巻」と、相差産のヒジキが入った「釜めし」です。細部までこだわっていて「うまいもの」にかけるお宿の情熱を感じる品々です。

 温泉は、無色、無臭のアルカリ性温泉で、美肌効果に優れた名湯・社宮司温泉の湯。露天風呂の「乙姫の湯」で愛ちゃんもゆったりとした心地よさに包まれたみたいです。

 岩尾海藻博士のお話は、10月末ごろから始まる黒のり(スサビノリ)の育苗についてです。冬にかけて鳥羽の海に育苗中のノリ網が広がります。
 今回もぜひお読みくださいね。

リンク:海女の愛ちゃんが湯く!鳥羽の黒ノリで恵方巻(相差:龍宮料理の宿 伝洋)
リンク:龍宮料理の宿 伝洋